一戸建て住宅の売却 気になる値段はいくら?

 

家の売却でまず知りたいのは、いくらでうれるか?高く売るにはどうしたらよいか?このふたつだと思います。

 

値段を知るには、売却に出す家を査定してもらうことからはじまります。

 

ではどこで査定をしてもらったらよいのでしょうか?

 

家に入ってくるチラシをみて、近くの不動産屋さんに頼めばいいと思っている人も多いと思います。

 

でも家を売るというのは人生で、そうあるものではありません。

 

一社にいきなり決めてしまって、いわれるままに進んでしまうと、高く売れるチャンスをのがしたり、売却のタイミングなどが妥当かどうかわからないということもあるのです。

 

下は4社から一括みつもりをとった場合を絵にしたものですが、各社でばらつきがあるのがわかります。

 

 

 

 

 

 

一番高値と安値の差は100万くらい、実際にはもっと差がつくこともあるのが現実です。

 

自分でいくつもの不動産屋をまわるのは、時間もかかるし、つぎつぎ訪問されたり電話をされても困ってしまいますが、今は歩いて不動産まわりをしなくても、ネットで不動産の一括査定見積もり無料で取り寄せられるので便利です。

 

 

 

一戸建ての売却価格を知りたいお客さんと不動産会社の間に査定会社が入ることで、直接不動産会社と交渉しないで売却金額の一括査定見積もりがとれるしくみになっています。

 

見積もりをとったら、契約を結ばなければならないという義務もありませんから安心して使えます。

 

メリットをあげると

 

簡単な操作で複数社の売却値段の見積もりが無料でもらえて比較ができる

 

登録されている不動産会社は、一定の基準をみたしているので安心できる。

 

一括見積もりサービス会社を通すことで、しつこい勧誘や不動産会社とのトラブルがふせげる。

 

家の売却途中でいろいろわからないことがあったときに、専門家に質問することができる。

 

 

上手な一括無料査定の使い方

 

無料で使えるし便利なサービスですが、高い会社に飛びついて値段だけで決めてしまっては、一括で複数社を比較する意味がなくなってしまいます。

 

もちろん売却額は高いにこしたことはありませんが、不動産会社もまだ売却物件の建物や土地そのものを実際に見て査定したのではないことを忘れてはいけません。

 

 

値段の上限と下限の目安をセールスなどに煩わされず簡単に手にいれたのですから、今度はその中でどこがその上限に近い値段で実際に売ってくれそうか、不動産会社を査定する必要があります。

 

 

査定をみて気に入った所があったら、実際に売却する自宅をみてもらいましょう。どうやって査定の価格がでたか?そこを聞いて比較していきましょう。

 

各社によって違う判断基準を聞くことで、それぞれの会社の売却の姿勢の違いがみえてくるでしょうし、担当者の人柄をみてこれからの売却活動をまかせても大丈夫かの目安もとれるでしょう。

 

 

また売却活動中にわからないことが出たときに、担当以外の第3者の専門家に相談できるのは便利なものです。

 

 

一括査定を上手に使って、高値で売却をきめましょう!

 

 

 

戸建て売却で損しないためのチェックポイント

 

家を売るには、単にお金と引き換えに物を渡すのとは違って、買い手と交渉したり、実印を使う契約が必要だったり、売却のための諸費用がかかります。

 

 

知らないと実質お金を損するところもあるので、これを知らないと損する7つのポイントにまとめてみました。

 

>>>>(ポイント1)売却に出す戸建て住宅の図面の確認をする